紫外線はシミだけでなく、ほうれい線の原因になる

紫外線はシミだけでなく、ほうれい線の原因になる

紫外線はシミの原因になるということは多くの方がご存知だとは思いますが、肌の老化の象徴ともいえるほうれい線の原因になることをご存知の方は少数派なのではないでしょうか。ほうれい線ができるのは肌にハリと弾力がなくなって肌にたるみが生じることが主な原因です。

 

すっぽん小町で栄養補給するだけでなく、UVケアもしっかり行っていきましょう。

 

肌のハリや弾力の低下は加齢による皮膚の代謝の衰えによって起こるので、年齢を重ねることによってほうれい線ができやすくなるのも仕方がない面もあります。
しかし、若くても紫外線をたくさん浴びているとその影響で肌の衰えが進行して肌がたるみ、若くてもほうれい線が目立つようになることも多いのです。

 

紫外線とは厳密にはUVAやUVBなどの複数の波長の光が混合した目に見えない光線(不可視光線)のことです。

 

UVBは波長の短い光なのでそのほとんどが皮膚の表面で吸収され、皮膚の奥にある真皮層にまで到達することはありません。

 

しかし、UVBは強いエネルギーを持っているので、肌の表面の細胞がダメージを受けて肌にやけどのような炎症を生じることもあり、UVBの刺激は皮膚のメラニン色素の合成を促すのでシミやそばかすも増えてしまうのです。

 

これに対し、UVAは波長の長い光なので皮膚の表皮層、角質層を通過して真皮層まで到達してしまいます。真皮層では網の目のように張り巡らされたコラーゲン繊維とコラーゲン繊維を補強する働きをするエラスチン、網の目の間を満たすヒアルロン酸が協力して皮膚のハリと弾力をつくっています。真皮層にはさらにこれらの物質をつくる線維芽細胞が存在し、この細胞がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を必要に応じて供給することで常にたるみのない若々しい肌を維持しているのです。

 

ところが、UVBは真皮層に到達するとコラーゲン繊維の一部を壊すとともに、線維芽細胞にダメージを与えるため、UVBを浴びすぎると肌のハリと弾力が維持できなくなり、ほうれい線ができてしまうというわけです。

 

また、紫外線を浴びると皮膚に大量の活性酸素がつくられます。活性酸素は細胞に酸化によるダメージを与えるとともに血管を老化させて血流を悪化させるので、皮膚の代謝が低下してしまいます。すると皮膚の生まれ変わりが遅くなって肌の潤いも保てなくなるため、肌の乾燥が起こります。乾燥肌になるとシワやたるみも生じやすくなるため、ほうれい線ができやすくなるのです。

 

このように、紫外線の浴びすぎは肌のハリと弾力、潤いを失わせ、ほうれい線ができる原因となるので、外出するときにはしっかりとUV対策をしましょう。
外出時には日焼け止めクリームを塗るとともに、UVカット加工が施された日傘や帽子、衣服などを身に付けて万全な状態で家を出ることが大切です。

 

紫外線によって増加する活性酸素対策では、ビタミンCやビタミンE、βカロテン、ポリフェノールなど抗酸化物質を含む緑黄色野菜や果物を積極的に食べることが有効です。最近はこうした成分を効率的に摂取できるサプリメントもあるので、偏った食事になりがちな方にお勧めです。